お電話でのお問合せ Tel. 0594-23-2044 受付時間:7:00〜19:00
メールでのお問い合わせ
伊藤 千加代

Interview 01

伊藤 千加代

保育教諭(入職23年目)
  • Q.1

    どんな仕事をされていますか?

    あたたかい気持ちを持って、子どもたちと信頼関係を築いていく。

    現在1歳児クラスを受けもっています。赤ちゃんから子どもへと成長していく時期にある1歳児は「体の動き・遊び」「生活習慣」「言葉の習得」など変化や発達がめざましい時期です。それぞれの子どもの発達段階に合わせた保育を行うようにしています。その為に、あたたかい気持ちを持って身の回りの世話をすること、笑顔で言葉がけをしたりスキンシップをとったりしながら子どもたちの遊びを見守り、気持ちに寄り添い受け止めていくことで、信頼関係を築けるよう心掛けています。
    1歳児クラスは複数の職員と一緒に保育を行うので、職員同士もあたたかい気持ちや笑顔を忘れないようにして接することを意識しています。子どもたちの成長を共に喜べるよう、子どもたちの様子を伝え合うことや意見交換することを大切にしています。

    ピアノを弾く伊藤先生
  • Q.2

    仕事のやりがいについて教えて下さい。

    「ありがとう」の言葉と、教え子たちの成長がなによりのご褒美。

    保育以外にも、保護者の方とのコミュニケーションはとても大切な保育教諭の仕事です。園での様子や成長を伝える時、しっかりと伝えられているか?不安を感じさせてしまってないか?といつも悩みます。そんな時は園長先生や同僚と、どうしたらより良いコミュニケーションを取れるかを話し合っています。
    保護者の方から「ありがとうございます」という言葉をいただいた時は悩みながらも頑張ってきてよかったと全てが報われたように感じますし、相談に乗っていただいたみなさんにも報告して喜びをかみしめています。
    また、こども園で働き続けていると、卒園して大きくなった子どもが園に遊びに来てくれるという嬉しいサプライズもあります。学校からの職場体験や保育実習で来てくれる子もいて、小さかった子どもの立派に成長した姿が見られることは保育教諭冥利に尽きます。この喜びを感じられるのは、保育の仕事を続けてきたからこそのご褒美だと思いますし、現在受けもったことのある子が保育教諭として園に就職し、一緒に働くことができているのはとても嬉しいです。

    給食の時間 園児の食事補助をする伊藤先生
  • Q.3

    今後の目標を教えてください。

    仲間とともに成長できる環境をつくっていく。

    保育教諭の仕事は仲間とのコミュニケーションがとても大切になります。
    皆で協力して柔軟性のある保育を行う為に、自分が培ってきたノウハウや考え方を積極的に発信することと、それに偏らず周りの意見も尊重し、誰もが意見を出しやすい環境を作り、より良い保育が行えるよう努力しています。
    後輩の育成では、今できる事できない事をしっかり把握して、苦手な部分は克服していけるように一緒に考え、援助していき、良い部分はもっと伸ばせるよう一緒に学びながら指導していきたいと思っています。

/Message/

伊藤先生から皆さんへメッセージ

これから入職する方へ

保育の仕事は、子どもたちと同じ時間を過ごし、互いに成長できる素晴らしい仕事だと思っています。
もちろん楽しいことばかりではありませんが、長寿認定こども園では、分からない事や心配な事があれば、積極的に相談に乗ってくれる環境があります。
笑顔あふれる子どもたちや職員と一緒に充実した毎日を過ごしませんか?